上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
メインブログ
9月19日・日曜勤行より。
【富木殿御書】
「夫(それ)賢人は安きに居て危ふきを欲(おも)ひ、佞人(ねいじん)は危ふきに居て安きを欲(おも)ふ。
大火は小水を畏怖(いふ)し、大樹は小鳥に値って枝を折らる。
智人は恐怖(くふ)すべし、大乗を謗ずる故に。
天親(てんじん)菩薩は舌を切らんと云ひ、馬鳴(めみょう)菩薩は頭を刎は)ねんと願ひ、吉蔵(きちぞう)大師は身を肉橋(にくきょう)と為し、乃至、
皆(みな)上に挙ぐる所は経論を守護する故か。」

(中略)

で、この御文を拝見しますとね、今下種仏法の中に於いて大聖人の御遺命た
る国立戒壇を否定する何と云う重大な謗法か・・・いいですか。
世間の学者では国立戒壇と民衆立とは変わらないはな。
これは信心のない者は言いますけど、こう言う事なのですよ。
いいですか。

三大秘法の第一は本門の本尊だと。
本門の本尊の功徳を頂いて個人が成仏する秘法が本門の題目ってんでしょ。
これが信心口唱。これは個人が成仏させて頂く秘法である。

では、国家・国土の成仏は何によってそれが実現されるかと云うと、これが即ち
本門戒壇建立。国立戒壇建立って事なんですよ。
ですから三大秘法は本門の本尊と本門の題目と本門の戒壇と三つあるけど、
本門の本尊こそですね、三大秘法総在の御本尊である。
その本門の本尊の無量無辺のくだく(功徳)を個人として頂いて成仏させて頂くこの術が本門の題目、信心口唱である。

顕正会員としては、功徳を積ませていただくことは、不可能ですね。
本門の本尊に連なっていないのですから、功徳は頂けない。
浄水場(戒壇の御本尊)から水道管が繋がっていて、蛇口(寺院、家庭の御本尊)に繋がり水が出る。
しかし、顕正会の本尊は、水道管が繋がってない本尊なので、水(功徳)がでない。


国家の成仏の秘術が即ち国立戒壇の建立なんだと。
で、国立戒壇の建立と言う事はですねぇ、一個人とか一団体の帰依で為せるものではない。
国家的な帰依、即ち国全体が帰依して、国家の意思を表明して建立しなければ国の成仏にはならないんだと。
故にこれは広宣流布の時を待たなければならない。

国立戒壇を建設したからって、国家の成仏とはならないでしょう。
国家とは、国民が居ての国家。
即ち、国民の成仏が国家の成仏と捉えることも出来るでしょう。


故に三大秘法抄にはですねぇ、
王臣一同に本門の三大秘密の法を受持した、乃至勅宣並びに御教書って事があるでしょ。
国民一同に天皇も大臣も悉くみんな三大秘法を受持する。そして国家の意思を表明して戒壇の御本尊を守り奉ると言う国家意思の表明があった時に戒壇を建てなさい。

王=天皇陛下でもいいでしょう。
しかし臣は家臣と言う意味でしょう。
王に仕える者。国民は、民なのですから、臣ではないでしょう。
給料を貰って食わせて貰ってるわけではないのですから。


【『御付嘱状】には、「国主、此の法を立てらるれば、富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきもなり。時を待つべきのみ。事の戒法と謂うはこれなり。就中、我が門弟等此の状を守るべきなり。」この戒壇建立の御遺命を絶対に守らなければいけない。

ここでは、国主が此法をですから、国主が帰依すると捉えるのが自然でしょうね。

ところが!その付嘱を受けた時の貫首がこれを破ってしまった。大作に諂ったんですね。
池田大作は選挙の為には国立戒壇は世間に抵抗があると。
よって、国立戒壇を捨ててしまえと。それよりも信者だけでもう建てていいん
だ、と。自分たちで建てれば世間に何ら抵抗はない。
そしてこれを本門戒壇だと偽ればいいんだと、言う正本堂、偽戒壇正本堂を建
てる事を彼らは政治のため選挙の為にこれを企てた。

偽戒壇とはありえないでしょう。
受戒をする場所を戒壇と言うのですから、受戒をする場所に偽も本物もないです。
顕正会の入信勤行は、日蓮大聖人の法を護持する受戒の場所ではなく、教祖、浅井昭衛。顕正会教でも、顕正会派でもいいですが、日蓮大聖人とは関係ないので、日蓮大聖人の法を保つ受戒の場所ではないので、顕正会の会館こそ、偽戒壇と言えますね。


時の貫首はこれを砕かなければいけない。
しかし諂って、遂に御遺命を売り渡してですね、それでいんだと言っ。。。。。

いくらで売ったのかな?・・・
ただの脳内妄想ですね。


そして、阿部日顕などと言う者はどれほど無慙な事をしたか!
顕正会の真剣なる諫暁に対して彼はですよ、池田大作の心を取る為にどう言うような無慙な事をしたか。
なんと!大聖人様の三大秘法抄のですね。文々句々を一つ一つ意味を違えちゃったんです。
国主も王臣勅宣並びに御教勅宣並に書を建築許可書でいいんだと。
この様に、一文一文を全部意味を捻じ曲げてしまって、そしてだから国立戒壇
なんか捨てていいんだ!正本堂は御遺命の戒壇である。

現代の解釈では建設許可書でも間違いではないでしょう。
鎌倉時代に大きな建物を建設する場合、勅宣、御教書を出して貰わないと建設することは出来ないのですから。
叡山の戒壇は、勅許を出されて建設されてますしね。
また、資材の提供もあった。
いまなら、天皇陛下のポケットマネーなのか?それとも、国庫からのお金なのか?この辺が、うやむやですよね。浅井会長!


誠に罰当たりな事を言って、そして正本堂が大聖人様の厳たる御意によって打ち砕かれて後に於いてなお国立戒壇だけは間違っている。等と云う事をほざいておりまするが、こう言う者は本当に天親菩薩・馬鳴菩薩・吉蔵大師のですね。本当に爪の垢でも煎じて飲まなければいけない、と云う事を思っております。
一切は現証にしかずですねぇ。。。。私は恐ろしい~~なぁと思った。

打ち壊されたとか、崩壊とか浅井会長は言いますが、ただたんに、解体しただけですよ。

たとえ時の貫首であろうとも大事の御遺命の背くならば臨終は思うようにならないのは当たり前の事であります。
ですから、細井日達と言う時の貫首は大事な御相承すらも為し得ずして急死を遂げた。
その時に側近の医者が二人ついておったんですが、慌てて二時間に亘って心臓マッサージをしたってんです。
ところが蘇生せずに遂に死んでしまった。
誠に、誠に、恥ずかしい臨終であります。
何ら、臨終に対する心構えもなく。もう、それと云うのは大聖人様の御罰ですね。

浅井会長の嘘つき~!
見てきたような事を言ってますが、側近の医師は1名です。
そして、心臓マッサージもしてません。
臨終の心構えは、有りましたね。
なぜかは、禁則事項なので。


ですから先般拝しました、二十六世の日寛上人のですねぇ、御遷化を拝しまする
と何と天地ほどの相違があるものかと。
明治の日霑上人も立派な御遷化であられた。日布上人も立派な御遷化であられた。
それを私はよ~く聴いて知っておりまするが、何事も一切は現証にしかずです。

立派かどうかは不明ですが、誰からよ~く聞いてるのかな?・・・
こちらも、よ~く聞いたんですけど。

大聖人様の仏法だけは真面目に信じ、もし自分が間違ったならば深く改悔をしなければいかん。
ここに、大事の御遺命を破壊する側に回って、尚もそれを諫暁されて改悔をしない。
これは本人の罰当たりだとわたしは、思います。

浅井会長~!あんたが言うなぁ~よ!
間違い。嘘・詐りをしといて、懺悔、反省、謝罪も何もないでしょう。
御書発刊は?10万人デモとか色々ありますよね。
説明しない御仁が言うことではないでしょう。


そして正系門家のこの濁乱が日本の亡国を招くんであります。

これは、顕正会の存在が濁乱を招いてるんでしょう。

しかし私たちは今、御遺命を破壊する側ではなくて、御遺命を護り奉る立場になれた事は何と有難い事なのか。

御遺命を護ったのなら、御遺命は破壊されてませんよね。
御遺命が破壊されたのなら、護れなかったとなるでしょう。
護ったのか?破壊されたのか、ハッキリしてもらいたいですね。
ここで、正本堂が解体されたから護られた、とか言いそうですが、それなら、それまでの二十数年間は、御遺命が破壊されたのでしょう。
で、正本堂が解体されたのだから、護られた。てのは、破壊された物がまた戻ることはないでしょう。
覆水盆に返らずですよ。
ま、御遺命は本門寺の戒壇建立ですし、それた通過地点であり、全世界の広宣流布が最終的な御遺命でしょう。


これこそ、大事な時に、広布の前夜に大聖人様がご奉公せよ、とこうして今、顕正会を召し出だしてくださった。
どうか、一人一人が仏様の使いとして、大確信に立って広宣流布を進めて行こう
ではありませんか。以上

大聖人様が召し出したて、ありえないし、どこから沸いてきたのかね?
釈尊見たく、地面から湧き出してきたのではないでしょう。
スポンサーサイト

theme : 思ったことを口に出しますがなにか?
genre : その他

line
メインブログ

心機一転!ブログタイトルも変更して、少し精力的に更新するかな?・・・(^^;

「宗教法人・顕正会」自称。冨士大石寺 顕正会の欺瞞を解明する戦いを挑むのである。^^

theme : 日記というか、雑記というか…
genre : 日記

tag : 日蓮正宗 創価学会 顕正会

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。