スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

恩を知らない顕正会、浅井会長!

顕正新聞2月25日号より。

【日興上人こそ「末法下種の僧宝」「智は先師に等しく徳は諸弟に超えたり」「末法万年の総貫首」とて重大の御遺誡】

日寛上人「当流行事抄」に宣給わく
 吾が開山上人は智は先師に等しく、徳は諸弟に超えたり。故に塔中伝授の秘要を付して本門弘通の大導師と称し、末法万年の総貫首と定め、二箇の相承を授けて延山の補処と為す。文証・現証了々分明なり。

【末法下種の僧宝】

 本日は、二祖日興上人が御年八十八歳の正慶二年二月七日、大石寺のそば近くにある重須の談所において、安詳として入滅あそばされてより、六七九年の御正当であります。
 よって御報恩のため、ただいま謹んで勤行会を奉修させて頂いた次第であります。
 日興上人こそ、御本仏日蓮大聖人の下種の御大法を、末法万年に正しく清らかにお伝え下された唯一大の御方であられる。
 もし日興上人ましまさなければ、末代の我ら、どうして一生成仏の叶うこの有難い、日蓮夫聖人の三大秘法を信受することができたでありましょうか。
 この大恩他のゆえに、日興上人を「末法下種の僧宝」と仰ぎ奉るのであります。

音声と新聞記事では、多少表現方法が違ってますが、それは、良いとして、今回は、簡単に済ませますというか、済んじゃうので。

もし日興上人ましまさなければ、末代の我ら、どうして一生成仏の叶うこの有難い、日蓮大聖人の三大秘法を信受することができたでありましょうか。とありますが、大聖人様が生誕されて、三大秘法を説かなければ、日興上人様が三大秘法を弘める事も出来ませんよね。
だから、大聖人様の生誕をお祝いしない不恩の輩が顕正会会長、浅井昭衛なのであります。


 【日興上人の御徳】

 この日興上人の御徳について日寛上人は、当流行事抄において「吾が開山上人は智は先師に等しく、徳は諸弟に超えたり。故に塔中伝授の秘要を付して本門弘通の大導師と称し、末法万年の総貫首と定め・・・」と。
 すなわち日興上人は智恵は日蓮大聖人と等しく、徳は門下の諸弟に超えている。ゆえに日蓮大聖人は日興上人に戒壇の大御本尊を付嘱して「本門弘通の大導師」と称され、また「末法万年の総貫首」と定め給うたのである――と。

【「智は先師に等し】

では、「智は先師に等しく」とはどういうことかというと大聖人と日興上人の師弟の関係というのは、七百年前に始まったものではない。実に
久遠元初以来の師弟であられる。
 ゆえに日寛上人は同じく当流行事抄に、方便品の「唯仏与仏」等の文を読誦する意を明かして
「もし文底の眼を開くときは、此の文すなわち久遠名字の本仏『唯仏与仏乃能究尽』なり」と仰せられている。
 久遠元初においてすでに大聖人様と日興上人は、「唯仏と仏とのみ、乃し能く諸法の実相を究尽したまえり」という御間係であられたのであります。
  ゆえに三千年前、釈尊が法華経を説かれたときには、大聖人様は六万恒河沙の地涌の菩薩の上首・上行菩薩として出現され、日興上人は無辺行菩薩として出現されている。
 そして大聖人様がいよいよ末法に下種の御本仏として出現あそばせば、日興上人も直ちに出現され、わずか十三歳で大聖人の御弟子になり、以来、片時もおそばを離れず大聖人様の御化導を助けまいらせている。
 まさに師弟不二、一体の御境界ですね。

【五老僧は雖近而不見】

 ですから、見てごらんなさい。日昭・日朗等の五老僧は、大聖人のおそばに侍りながらも、大聖人の御境界が全くわからなかったでしょう。
 彼等は大聖人のお立場をどう見ていたかというと「先師日蓮聖人、天台の余流を汲む」あるいは「伝教の余流を汲み法華宗を弘めんとす」などと申状に述べている。彼等の眼には、天台・伝教の余波として法華経を弘めるお方としか見えなかった。
「上行菩薩の再誕」とすら、見ることができなかったのです。

【日興上人唯一人御内証を見奉る】

 ここに日興上人ただ御一人、日蓮大聖人こそ久遠元初の自受用身、末法下種の本仏であら


れる、と見奉っておられた。
 さらに日興上人は、日蓮大聖人の御当体が、十界三千の諸法具足の「南無妙法蓮華経日蓮在御判」の大御本尊であるということも、自然とおわかりになっておられた。

【「飛曼荼羅」】

 このことには、不思議な現証があるのです。
 仙台・仏眼寺に「飛曼荼羅」という御本尊が所蔵されている。なんとも不思議な御本尊です。
 日興上人の御書写で、日付は「文永五年十月十三日」、しかも弘安式です。文永五年十月十三日といえば、大聖人様が公場対決の十一通申状を送達されたのが、その二日前ですよ。竜の□法難の三年前。このとき日興上人は二十三歳です。
 堀上人が言っておられるが、御判形だけが大聖人のお認めであると。まことに不思議な御本尊であります。
 これはいったいどういうことか。
 このことは「本尊七箇之相承」の御文を拝して、始めてわかる。
 大聖人様はこう仰せられている。
「日興は、浪(なみ)の上に婆(ゆら)れて見(あら)われ給いつる処(ところ)の本尊の御形(おんすがた)なりしをば、能(よ)く能く似(に)せ奉るなり」と。
 日興上人は、波に映る大聖人様の御影に御本尊のお姿を見奉り、それをそのまま写しまいらせ大聖人様にお見せし、大聖人様が印可せられ御判形を加えられたものと拝せられる。
 まさしく日興上人は常陸給仕をあそばす中に、自然と「自受用身即一念三千」すなわち大聖人の御当体即南無妙法蓮華経の御本尊という、人法体一の極理を知り給うたと拝し奉る。
 ゆえに諸法実相抄には
「地涌の菩薩の中の上首唱導、上行・無辺行等の菩薩より外は、末法の始めの五百年に出現して、法体の妙法蓮華経の五字を弘め給うのみならず、宝塔の中の二仏並座の儀式を作り顕わすべき人なし」と仰せられる。
 久遠元初の「唯仏与仏乃能究尽」ということ、よーくわかりますね。
 この御境界を、「智は先師に等しく」というのであります。

 次に「徳は諸弟に超えたり」とは、常陸給仕と死身弘法の徳です。
この徳は遠く諸弟に超え、誰人も真似すらできなかったということです。
 そうでしょ。十六歳のとき、伊豆の御流罪にお供申し上げ、常陸給仕をされている。二十六歳のときには佐渡御流罪に御供申し上げ、命かけて大聖人様をお守り申し上げている。まさに献身の御給仕です。
 そして大聖人様が身延に人山あそばすや、こんどは本格的・大規模な死身弘法を富士を中心に、駿州・甲州・伊豆と展開せられた。
 その御心は「この国に下種の御本仏まします。日本国の一切の諸人、この御本仏を信じ南無妙法蓮華経と唱え奉れ」というにあられたと、私は拝し奉る。
 そして弘安年中にいたって、富士地方にあの熱原の法華講衆が出現して、その不惜身命が「唯願説之」となって、大聖人様はついに出世の本懐をお遂げあそはした。
 まさに日興上人の死身弘法が、大聖人様の御化導を助けまいらせているのです。 
このように「智は先師に等しく、徳は諸弟に超えたり」のゆえに、大聖人様は日興上人に本門戒壇の大御本尊を付嘱せられて「本門弘通の大導師」と称し、「末法万年の総貫首」と定め給うたのであります。

【末法万年の総貫首】

 で、「末法万年の総貫首」とはどういう御立場かといえば、日興上人こそ、末法万年にわたって正系門家の貫首を総べるお立場だ、ということです。
 この御立場なればこそ、御遺誡二十六箇条において  「時の貫首たりと雖も仏法に相違して己義を構えば、之を用うべからざる事」との、厳重のお誠めをもなし得るのです。
 いま私はつくづく思う。もしこの一条がなければ、どうして御遺命守護の御奉公ができたであろうかと。
 この一条こそ、広宣流布の前夜には第六天の魔王のたばかりによって、正系門家において貫首の権威を以て御遺命が破壊されるようなことも起こるべしと慮られ、この非常事態に備えての重き定めなのであります。
 この一条によって、御遺命守護の御奉公を貫かせて頂いた顕正会は、いま大聖人様の御守護によって一五〇万の仏弟子の大集団にならんとし、広布最終段階の御奉公に毅然と立っているのであります。
 私はまことに有難いことと思っておりますが、いま顕正会では、全国で多くの集会が連日聞かれているが、どの集会もみな功徳の歓喜に満ち、「広宣流布朝夕近し」の大情熱に満ち満ちている。
 これまさに、大聖人様が「広宣流布に御奉公せよ」と召し出だされた地涌の菩薩の大集団なればこそであります。
 いよいよ本当の御奉公は、これからです。
 さあ、日興上人御遺誡の「未だ広宣流布せざる間は、身命を捨てて随力弘通を致すべき事」の一条を胸に、共に励まし、最終段階の直線コースを一気に駆け抜け、大聖人様に応え奉ろうではありませんか。以上。

メインブログ

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。