スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

賀正

賀正

新年あけまして、おめでとうございます。
本年も、よろしくお願い申し上げます


【十字御書】
 十字(むしもち)一百枚・かし(果子)ひとこ(一籠)給び了んぬ。正月の一日は日のはじめ、月のはじめ、とし(年)のはじめ、春の始め。此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつ(満)がごとく、日の東より西へわたりてあき(明)らかなるがごとく、とく(徳)もまさり人にもあい(愛)せられ候なり。

 「抑(そもそも)地獄と仏とはいづれの所に候ぞとたづね候へば、或は地の下と申す経文もあり、或は西方等と申す経も候。しかれども委細にたずね候へば、我等が五尺の身の内に候とみへて候。さもやをぼ(覚)へ候事は、我等が心の内に父をあな(蔑)づり、母をおろか(疎)にする人は地獄其の人の心の内に候。譬えば蓮のたねの中に花と菓とのみ(見)ゆるがごとし。

仏と申す事も我等の心の内にをはします。譬えば石の中に火あり、珠の中に財(たから)のあるがごとし。我等凡夫はまつげ(睫)のちかきと虚空のとを(遠)きとは見候事なし。我等が心の内に仏はをはし(御座)ましけるを知り候はざりけるぞ。たゞし疑ひある事は、我等は父母の精血変じて人となりて候へば、三毒の根本淫欲の源なり。いかでか仏はわたらせ給うべきと疑い候へども、又うちかえし・うちかえし案じ候へば其のゆわれ(謂)もやとをぼ(覚)へ候。

蓮はきよ(清)きもの、沼よりいでたり。せんだん(栴檀)はかうばしき(香)物、大地よりを(生)いたり、さくら(桜)はをもしろき(面白)物、木の中よりさき(咲)いづ。ようきひ(楊貴妃)は見めよきもの、下女のはら(腹)よりむ(生)まれたり、月は山よりいでて山をてらす、わざわい(禍)は口より出でて身をやぶる。さいわい(福)は心よりいでて我をかざる。
  
 今正月の始に法華経をくやう(供養)しまいらせんとおぼしめす(思召)御心は、木より花のさき、池より蓮のつぼみ、雪山のせんだんのひらけ、月の始めて出づるなるべし。今日本国の法華経をかたきとして、わざわいを千里の外よりまねき出だせり。此れをもつてをもう(思)に今又法華経を信ずる人はさいわいを万里の外よりあつむべし。影は体より生ずるもの、法華経をかたきとする人の国は、体にかげのそうがごとくわざわい来るべし。法華経を信ずる人はせんだんにかを(香)ばしさのそなえたるがごとし。又々申し候べし。

  正月五日                 日蓮  花 押

をもすどのゝ女房御返事
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。