スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガツンと破す、を破す。それを破す3

ブリトー石橋氏の反論:この経緯は学会でも知っている。ゆえに創価学会教学部編の「日蓮正宗創価学会批判を破す」に云く「じつに、国立戒壇の建立こそは、第二祖日興上人にのみ御遺命になったのである。そして、その場所も、富士山と明白に御指示になっている。また、あらゆる正史料から、日蓮正宗のみが、大聖人の御遺命をうけて、富士山に事の戒壇(国立)を建立しようと、必死の努力を続けてきたことは明白になった。近ごろは田中智学門流でさえも、囀(さえず)っているではないか」と。
また大白蓮華誌には「田中智学は国立戒壇の建立が、宗祖大聖人窮局の御本懐であらせられることまでは知ることができたものの、さて戒壇の大御本尊は如何にとなると、何とか本尊を一定にする必要があると感じ、それには佐渡始顕が根本になるべきだと、独断したものである」(32年9月号)



まず、貴殿の言う「じつに、国立戒壇の建立こそは、第二祖日興上人にのみ御遺命になったのである。」という興尊の御指南箇所を先以て上げていただきたいですね。本門寺建立であるとか、本門事の戒壇の建立ということは上古に於いて確かに著作物や御弟子に遺告されてあります。しかし、国立戒壇なる名詞はありません。第二祖興尊へ託された御遺命のお書き物を是非とも次には掲示される事を願う物であります。

更に、延々と指摘する出版物でありますが、創価学会は戦前はともかく、昭和二十七年以来、当宗とは包括関係でもない別宗教団体である事。当宗と三科目の条件を守ることで、立正佼正会と同じ団参扱いで御開扉を頂戴されていた信徒団体であります。しかもいまや貴会と同じく破門となった団体でもあります。貴殿のこういった言句はこちらに愚痴られても困るのですね。どうぞ、創価学会に申し立てをお願いするモノであります。


メインブログ
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。