スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガツンと破す、を破す。それを破す4

ブリトー石橋氏の反論:また日淳上人も仰せられる。「田中智学氏の『日蓮聖人の教義』なる著書は、日蓮正宗の教義を盗んで書いたものであることは明白である。ただ本尊段において佐渡始顕の本尊を立てをるのは、日蓮正宗に何とか対抗せんとの窮余(きゅうよ)の考えからである」(「興尊雪寃録」の妄説を破す)と。


これは事相戒壇・事の戒壇が当宗古来の三大秘法の法義を以て先んじたことを仰せであって、国立戒壇の名称語句が興尊の時代からあったことを言うモノではありません。其処をすり替えないようお願いします。顕正会員はこうした基本をわきまえず、混在したままズレた議論をかけてくるのですが、国立戒壇なる名称が宗祖開山の御指南中にあるのであれば、再度是非ともそれを求めるモノであります。
ブリトー石橋氏の反論:このように、日淳上人がハッキリと「田中智学の『日蓮聖人の教義』という著書は日蓮正宗の教義を盗んで書いた」とおっしゃっているではありませんか。(ブリトー石橋・談)

コレは冒頭の国立戒壇義の語句と活用意義の所であらあら述べておきました。承知されない所は当方の責ではありませんが、そもそも国立戒壇の語を創称した田中智学は明治以降の廃仏毀釈に仏教団体が対抗する手段、そして陸軍を初めとする軍部主導、国家国民全体主義思想の日蓮主義が高調する時代背景の勢いに、日蓮主義の就中、田中の国柱会が主導する合同日蓮宗の国教化を目指すものとして「国立戒壇」の語を使用し、石原完爾や陸海軍部中堅幹部等、国粋主義者の共感支持を得て、広く門下全般にその語が用いられるようになった経緯があります。当宗が一時期にその言葉を使用したのは事実であります。貴殿が上げた淳師の言も、使用されていた昭和中期時代はまだ戦後と戦中の価値観の混乱期でもあり、弊害は少なかったようです。しかし、戦後の民主主義が広がり、個人の権利や自由度が増す中、全体主義的な弊害排除、糾弾が叫ばれるようになり、元々此の語の持つ影の部分と到来している時代相を考えられて、淳師の後を嗣がれた達師は使用を中止されたのであります。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。