スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガツンと破す、を破す。それを破す5

ブリトー石橋氏の反論:では聞きたい。戸田氏、池田氏が言い出した「国立戒壇」とは、いったいどこから出てきたのか?学会が発明したのか?まさか田中智学の真似ではないでしょうね。早くも墓穴を掘っちゃいましたね。

理解に苦しむ反論ならぬ言辞でありますね、学会員に対して疑難している口ぶりですが、当方は創価学会とは関係ございません。そして繰り返し「国立戒壇」なる用語は勿論、田中智学の提唱した当時の国体観に立脚した創出用語であります。時代が変わって国家体制も主宰者も戦後は新憲法により一変し、当宗でも戦後の一時期何代かの上人も言葉にはされましたが、使用を中止された。それだけの事であります。
元々に国立戒壇という言葉に当宗の本義がかかっているわけではございません。ですから中止できたのです。取捨選択の時期があり耐用価値が過ぎたので破棄した、だけのことでありましょう。使用意義については既に述べましたので繰り返しません。死語というか、時代の淘汰にあった言葉という事ではないでしょうか。

誤解の無いよう補足しますが、当宗は開山上人以来、宗開両祖の願業たる事相戒壇への歩みは、御当代を初めとして末寺住職・信徒に至る迄、些かも止めてはおりません。微々と雖もそれが大事なことであります。またこれは信徒籍復帰を浅井自ら納得して放棄した顕正会にはナンの関わりもない宗門および属する信徒だけに許された大事業なのであります。墓穴とは何の意味か分かりかねますが、戸田氏、池田氏は日蓮正宗の信徒ではありましたが、戸田氏亡き後、信徒除名となった池田氏の事まで分かりかねますね。



戦前・戦中・戦後の時代を僧侶として生きてこられた日顕上人は「浅井一派の国立戒壇論をざっと摘要すれば、一、国家中心の戒壇建立論、二、天皇中心、並びに議会翼賛論、三、本化聖天子発願論、四、広布の暁、諸条件具備後の戒壇建立論、五、天母山論、六、国教論等であり、殆んど田中智学の思想の模倣であってその酷似するところ驚くほかはない。とくにその主張の中の「本化聖天子の発願論」も、発願という意味において、大聖人および歴代上人の法門に全く拝することはできない。(本門事の戒壇の本義・三〇頁)」と、顕正会の言う国立戒壇義を概括されています。
これらは決して日顕上人の独断把握の言葉ではありません。かつて浅井氏が諫暁第一弾とする「正本堂に就き宗務御当局に糾し訴う」に浅井氏が考えるところの国立戒壇の建立条件が書かれてあります。

◎こと此処に及んで止むを得ず、恐々としていま先師上人の御指南を窺うに、事の戒壇に就き、時に当たって重要なる四つの義を拝す。即ち
一、事の戒壇は、事の広宣流布の暁を持って立てられる
一、事の戒壇は、国立戒壇である。
一、事の戒壇は、本化聖天子の発願に依る
一、事の戒壇は、天母山に立つべし
されば法義上に於いては以上の四義。(浅井著:正本堂に就き宗務御当局に糾し訴う)

これらを見れば、浅井氏のいう国立戒壇義というか思想はほぼ、田中智学氏の言うところと同じで、まぁ墓穴云々はともかく、名称も内容ほとんどもパクリですね。ブリトー石橋さん、墓穴などは掘っておりませんが、これで宜しいでしょうか。

メインブログ
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。