スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ガツンと破す、を破す。それを破す9

さてブリトー石橋氏は、「法華講員は、いまだにこんな曖昧な説法を有り難がっているんですね。」といいながら具体的に何をどう有り難がっているか、何も書かれていませんね。しつこいですが、貴殿の文章には他にも達師の説法の曖昧という言葉は随所に出てきます。

ブリトー石橋氏の本論、自語相違に就いて述べる部分です「“猊下のその時の御説法”というのは、何度も出てきますが、昭和四十年二月十六日の第一回正本堂建設委員会における細井日達の説法を指します。「ガツンと破す」をガツンと破すの2回目・前半で書いた、「正本堂について『須弥檀の形にする』」と述べた、例の曖昧な説法のことです。この説法が、本格的な正本堂の誑惑スタートのきっかけなのです。」別の前半三番目の所でも曖昧という言葉を使って、達師の説法を批判しています。

さてさて、これらを元にしてブリトー石橋氏は学会が「曖昧な説法を悪用して、本格的に正本堂の誑惑を始めた」と非難しています。ここに「本格的に正本堂の誑惑を始めた」「本格的な正本堂の誑惑スタート」「正本堂の誑惑を助ける結果」等とありますが、上の文章では達師は「正本堂について『須弥檀の形にする』」と述べた、例の曖昧な説法」と述べています。『須弥檀の形にする』と達師は曖昧に述べられたのですか?意味が通りませんね。正本堂建設委員会での説法、そうなんでしょうかね?既に浅井氏の説法に対する見解は述べました。ブリトー石橋氏の言葉も含めて再度列記します。

(達師説法、浅井氏コメント分)
◎「正本堂が御遺命の戒壇であることを理屈づけた、最初で唯一の説法」
◎「国立戒壇建立を否定せんとしたものである」
◎「正本堂は突如として『御遺命の本門戒壇』と、その意義が変更されたのであった」と断定
◎「ただ、戒壇の大御本尊御安置を仰せ出し給うのみ。」と結論づけ
(ブリトー氏コメント分)
◎「曖昧な説法を悪用して、本格的に正本堂の誑惑を始めた」「本格的に正本堂の誑惑を始めた」
 「本格的な正本堂の誑惑スタート」「正本堂の誑惑を助ける結果」等
◎「正本堂について『須弥檀の形にする』」と述べた、例の曖昧な説法」


浅井氏の解釈はバラバラですが、ブリトー石橋氏の指摘は「正本堂の誑惑」を助長した、と「須弥檀の形にする」のようですね。ここでブリトー石橋氏が引っ張った浅井氏が「折伏理論解説書」194ページ・6行目、「正本堂の誑惑を破し…」37ページ・8~9行目で述べたとされる「須弥檀の形にする」ですが、曖昧と「須弥檀の形にする」と言われたのでしょうか?謎の解釈ですね。しかし顕正会員の見解としては、浅井氏の発言に同調しながら、全体として達師の発言を貶めればいいわけですから、こういう解釈が、らしいんでしょうね。


更に検証です。

メインブログ

携帯版・顕正会破折文
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。