スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

路上勧誘!

メインブログ
メインブログと同じものです。

路上勧誘てじゃなくて、折伏だ!と言われる方もいるでしょうが、それは一方的な意味であり、相手が議論などをするのなら、折伏でも良いでしょう。
 しかし、相手のとらえかだ次第では、勧誘と変わらないともいえます。

さて、路上勧誘(折伏)問題ですが、調べてみました。
信教の自由でとこちら側は言うかもしれません。
相手を救うための慈悲の行為なんだからOKなんだとね。

しかし、相手が迷惑するのなら、迷惑条例に抵触するおそれがあります。
公共性の高い場所でしたら尚更です。

駅構内なら、管理者が駅となり管理者の許可がなければ、布教行為、勧誘行為は禁止になりますね。
 ここで問題なのが、路上ですが、公共性を考えて、駅周辺の人の往来が激しい場所では、禁止事項といえます。
 まず、ビラ配り、ティッシュ配り、看板を持ってるおじさんとかも、路上使用許可を得て行ってるので、違法行為ではないそうです。

なら、個人で勧誘行為は?となりますが、原則禁止です。
 パンフレットを見せるだけで配ってないからでも、通行人の足を止める行為。
また、妨害する行為と見なされるので、”許可”がいるそうです。

エホバの証人が路上でただ立って、冊子を持ってる行為ですら、許可を得て行ってるそうです。

 顕正会・浅井会長が路上折伏を禁止と言っていたのは、道理に叶った指導なんですね。
 過去に路上折伏が行われていた事はあります。
しかし、通事の事情で法的規制対象にはなってなかったてのが大きいでしょう。
オウム事件以来、法的規制が些細ですが強化されたのは、路上でキャッチセールスや宗教勧誘が減ったのが物語ってるでしょう。
 手かざしとかもありましたね。

以上の事をふまえて、人を救う行為だから路上折伏も許される行為だ!てのは、間違いになります。
 日蓮正宗法華講員として行ってるのですから、個人の振る舞いとしても、許可を取らない場合は、”違法行為”法を下げる行為になります。

顕正会でも公式に禁止されていて、もちろん、学会では行われてません。(知る限では。)
 そんな中で、正しい信仰をしてる正宗法華講員がしても良いのか?となります。
駅周辺で、路上折伏をするのなら、ちゃんと許可を取ってからしましょうね。
 
組織云々と日頃言ってますが、個人の行いだからとも。
しかし、組織として指導をしないと、顕正会・学会とか他宗がとかいえないでしょう。
 改善指導を公式に出すべきでしょう。
同じ考えの人がいないとも限りませんし、公共性の高い場所で他組織でも法華講でも、許可得てるの?と言われて、無許可なら法を下げる行為だね!ておしまいですからね。
 顕正会の共同住宅に個別勧誘もよくよく考えないと違法行為になります。
こんなこと書くと、エホバの証人は?となりますが、注意されたら居座りはしませんし、その辺が違うといっときます。。
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line
まとめ

line
最新記事
line
FC2ブログランキング
良くも悪くも、顕正会問題に付いて知ってもらうために、ご協力をお願いいたします。

FC2Blog Ranking

line
Translation(自動翻訳)
line
プロフィール

山門入り口

Author:山門入り口
日蓮正宗・顕正会・創価学会、等の宗教問題を考えています。

line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。